我が家の子供もちまたで言われる魔の三歳児に突入しました。

安心して出産し、育てられる環境を整備して社会で支援すべき育児

育児のなかでも難しいしつけ

安心して出産し、育てられる環境を整備して社会で支援すべき育児 我が家の子供もちまたで言われる魔の三歳児に突入しました。
やはり3歳になると言葉や行動力に一定の幅もでき、また自我も強くなるため大人の目からは怒りたくなる行動をするようになります。
育児の範囲も着替えや食事の補助より、しつけ的なところのウェイトが大きくなってきます。

しつけの方法の1つとして「怒る・叱る」という選択がかならず必要になってきます。
我が家でもどうしてもという時は厳しく怒ります。
ただ、その怒り方には細心の注意を払っていなければ子供をむげに傷つけてしまうと常に念頭に置くようにしています。
たとえばダメな行動でも小さいものから大きなものまであり、きちんとその度合いや繰り返した頻度に応じて厳しさをコントロールします。
そしてなるべくは大人が心を落ち着けてなぜそれがダメなのかを子供でも分かりやすいたとえを交えながら伝えるようにしています。

実際我が家で先述のことがきちんとできてるかというとそうでもありません。
やはりその場の気分でいきなり厳しく怒ってしまうことも多々です。
それでも、一つ怒り方への考えを持つことで、望まない怒り方をしない踏みとどまりになると思います。
大人でも自分をコントロールできずに怒ってしまうのですから、心が不十分な子供の行動なんて尚更本人がコントロールできるはずもありません。
子供の為を思った厳しい怒りを非常に大切だと思いますが、その怒り方が子供の成長の為にもっとも最良な選択肢なのかどうかをこれからも常に意識して接していきたいです。