子どもがある程度大きくなってくると保育園や幼稚園へ通わせることになります。

安心して出産し、育てられる環境を整備して社会で支援すべき育児

育児にママ友は関係あるのか。

安心して出産し、育てられる環境を整備して社会で支援すべき育児 子どもがある程度大きくなってくると保育園や幼稚園へ通わせることになります。
そうなるとお友達も出来てきますし、送り迎えでお母さん方と顔を合わす機会も増えてきます。
我が家も春から保育園へ通っていますが、保育園へ来るお母さん方の陰気なこと。
こんなものなのかと疑問に思います。
最初はよくわからず挨拶をしていたけれど、なんだかばかばかしくなってきました。

育児本などを読むとママ友は必要と書き立てていますが、本当に必要なのでしょうか。
陰気なお母さんたち、もしくは気の合わなさそうな方と毎日顔を合わすことが億劫になりつつあります。
でも子どものかかわることですから完全無視もどうかと思って悩みます。
基本的に気の合わない方とは接しない主義ですが子どものかかわることだとそうも行かない気もします。

そして導き出した答えは、「わたしが幸せでなければ子どもだって楽しくない」です。
友人が出来るときは出来るので、ママ友だって同じではないでしょうか。
顔を合わせたくないお母さん達とは極力、顔を合わせないよう距離を置いて挑みます。
だって忙しいんですもの。
そんなことにかかわっていられません。
これがわたしの出した答えです。
なんともストレスの多い世の中ですから、なんでもプラスに考えなければならないと思っています。

PR情報