子どもが生まれた途端、義両親が頻繁に家に来るようになったという人は多いです。

安心して出産し、育てられる環境を整備して社会で支援すべき育児

義父母と嫁の育児に対する考え方

安心して出産し、育てられる環境を整備して社会で支援すべき育児 子どもが生まれた途端、義両親が頻繁に家に来るようになったという人は多いです。
赤ちゃん見たさからでしょうが、嫁にとっては迷惑なことも多々あります。
義父母の自分勝手な行動がストレスになるようです。
特に、自分の育児に口出しされ、義母流の育児を押し付けてこられた際にはストレスもマックスに達するようです。
また、可愛さ余って、赤ちゃんに何でも与えてしまうという義父について悩む人もいます。
可愛いから何でもしてあげたいという気持ちはわかりますが、時に躾にはよくないこともあったり、健康によくないこともあります。

甘いものを与えることは典型です。
歯が生えてきて、虫歯を気にする母親と、ただ子どもが喜ぶ顔を見たいだけの義父母の対立はよく聞きます。
近所にお菓子を買いに行ける年齢になったら、いつでもいくらでも義父母が子どもにお金をあげてしまうので、子どもの金銭感覚についての躾に悩む母親もいます。
義父母は確かに自分の息子を育ててきたという自負と経験があり、見習うこともあるのでしょうが、時代と共に価値観や子育て方法も変わってくるので、押し付けるのはよくありません。
夫である男性にきちんと説明してもらい、味方になってもらいましょう。